豆腐カステラ

秋田でおなじみ

世の中には“豆腐カステラ”なんて食品があるらいしのです。それは秋田でよく食べられているそうです。秋田県南部の郷土菓子の一つで、豆腐をカステラ状に加工した菓子なんだとか。豆腐をカステラ状に加工っていまいち想像できません…。

「豆腐カステラ」の表記は主に菓子屋によるもので、豆腐屋では平仮名で「豆腐かすてら」と表記されていることが多いそうです。また、豆腐と同様に印象の良くない「腐」の字を避けて「豆富カステラ」と表記されることもあり、さらに土地によっては「豆腐水仙」とも呼ばれているそうです。豆腐好きとしてはぜひ一度食べてみたい一品ですが、関東ではマイナーな食品らしくて、なかなかお目にかかれません。一体どんな味がするんでしょうか…。豆腐カステラ(とうふカステラ)は、食材の豆腐と同様、印象の良くない「腐」の字を避けて「豆富カステラ」と表記されることもあり、土地によっては「豆腐水仙」と呼ばれているそうです。

秋田県内ではお茶請けや、年越しの行事食として親しまれており、冠婚葬祭、お盆や正月など、人の集まりにふるまう菓子としても欠かせない存在。かつては各家庭でも作られ、近年では県内のスーパーマーケットでもごく普通に販売されており、秋田育ちの者にとっては非常に馴染み深い食品なんだそうです。特に県南地方に豆腐カステラの愛好家が多く、県外から盆や正月に帰省して来る秋田出身者が土産として買って帰る事も多いそうです。

絹ごし豆腐派集まれーい!!

どんな味?

困った事に近所の店では豆腐カステラがどこにも売ってません。でもどんな味がするのか気になって気になって仕方がないので、せめて作り方だけでも調べてみることにしました。それで味を想像してみましょう。

豆腐カステラは水気を絞った豆腐にお砂糖・卵・塩などを加え、四角い型などに入れてカステラ状に焼き上げて作られるそうです。砂糖と塩どっちも入ってんのか…。これでは甘いのかしょっぱいのか想像しがたいですね。最近流行りの塩スイーツ的な味わいなのでしょうか?

お砂糖は甘味をつけることに加え、防腐効果も兼ねています。この防腐効果のおかげで本来日持ちしない豆腐も、豆腐カステラとして1週間ほど保存が利くようになるとか。お砂糖ってすごいんですね!防腐効果が期待できる程の砂糖が入るって事はやっぱり味は甘めなんでしょうか?この製法が一般的なようですが、なんと近年ではフルーツ味やコーヒー味など、味のバリエーションが豊富にあるそうです!フルーツ味にコーヒー味って豆乳ドリンクみたいなラインナップですね。

豆腐カステラ史

豆腐カステラは江戸時代末期にすでに存在していたといわれるほど古い歴史を持っています。カステラの主原料である砂糖や卵が高価だった時代には、一般家庭ではカステラを味わうことができませんでした。新鮮な魚介類は入手困難だが畑作の盛んな秋田南部にとって大豆は重要な作物であり、特別な日は豆腐をご馳走としてもてなしに用いていたそうです。そのもてなしに豆腐を加工してカステラ状にすることで、豆腐カステラが生まれたと考えられています。

また、戦後間もない頃に料理人の作る豆腐カステラを見よう見真似で覚え、市で売ったところ好評となり、後進の者に伝わることになったという実例もあることから、冠婚葬祭用の特別な料理が戦後の朝市などを通じて一般化し、日常的な料理へ変化したという説もあるそうです。

昭和中期までには、秋田各地には町料理人と呼ばれる大勢の女性がおり、宴会などで板前やコックの代わりとして豆腐カステラなどを作っていました。町料理人は男性もいたが、ほとんどは女性だった。これは、砂糖が高価だった時代、男性が着物に砂糖を隠して盗むことが多かったために嫌われ、一方で自由に着物の帯を解けない女性は砂糖を隠すことができないとして、雇い主にとっては好都合だったとの説があります。

2008年には日本テレビ系列のバラエティ番組『秘密のケンミンSHOW』でも秋田銘菓として取り上げられた。2009年には、東京都千代田区の秋田ふるさと館でナンバー1の売れ行きを記録したそうです。

作ってみる

豆腐カステラについて色々調べてどんな味かを想像してみましたが、どうもピンと来ませんでしたが。どうにも実際に食べてみない事には埒が明きません。こうなったら最終手段です。実際に作ってみましょう。調べて見たところ、卵焼き器を使えば家庭でも簡単に作れるみたいです。

材料

  • 木綿豆腐(2丁)
  • 砂糖(100g)
  • 塩(小さじ3分の1)
  • 卵(2個)

木綿豆腐派のあなたへ

福岡県福岡市にある税務から経営までフルサポート税理士事務所税理士法人コスモスは日頃から税務上必要な帳簿組織や書類の整備についても丁寧にご指導いたします。実際の税務調査時には、税理士がキチンと対応いたします。

作り方

  • 木綿豆腐は水から茹でてしっかりと水切りをしておく。湯から出したら清潔な布巾で包んで水気を絞る。
  • フードプロセッサに材料を全て入れてしっかり混ぜる。フードプロセッサが無い場合は豆腐を裏ごしし、その後他の材料と混ぜあわせます。こし器もない場合はザルとボールを使いましょう。目の細かいザルを使えばなめらかに仕上がります。
  • 卵焼き器に油を引き、全体に行き渡らせたらタネを入れる。タネの上部はヘラなどで平らにならしておく。
  • フタをして弱火で25分程焼きます。フタが無い場合はアルミホイルをフタ代わりにしてください。大変焦げやすいのでコンロは一番小さいものを使用します。
  • カステラのようなキツネ色の焼き色がついたら、タネをひっくり返して裏側も20分程焼きます。大きいのでひっくり返す際は慎重に作業しましょう。
  • 両面に焼き色がついたら卵焼き器から取り出して粗熱を取り、冷蔵庫で冷やして完成!

実食

自作に成功したら早速食べてみましょう。一体どんな味がするんでしょうか。

食感はやわらかく、しっとりなめらか。カステラのような乾燥したスポンジ感は一切ありません。カステラといえどやはり豆腐的です。そして味。やさしい甘みと豆腐の香りが独特です。このレシピで本場・秋田の味ができたのかは判断できません。なぜなら本物を食べた事が無いのですから。そしてこれはオカズなのかオヤツなのかと問われると答えづらい味わいです。甘味と呼べる程度には甘いんだけど、オヤツと呼ぶには豆腐の主張が激しい。かといってオカズとして食卓に並べる味付けでもないと思います。とにかく甘い味なのできっとご飯が進みません。そういうこの感覚、他の何かを食べた時にも感じたような気がする…なんだったっけなー…………。あっ伊達巻きだ!あれがかなり近いです。あれもまたオカズなのかオヤツなのか微妙な立ち位置の食品といえるでしょう。

食べた事が無い人はぜひ一度作って食べてみてください。そしてオカズみたいなオヤツみたいな微妙な味わいを楽しんでください。

わたし実は充填豆腐派なんです

すてきなお豆腐